濱 仁哉

濱さん

Special person代表
専属パーソナルトレーナー

人生と向き合う作業療法士
医療従事者としてこれまでに出会った人との関わりを通して「健康」の大切さに気付き事業をスタートする。

私は作業療法士として、医療機関や介護施設、在宅分野で病気や怪我などで身体や生活に障害を抱えた人々に関わってきました。

様々な人がいました…

病気や怪我で身体が不自由になった人
仕事中に倒れた人、老化によって体力が低下した人
中・高年で生活習慣病に苦しむ人
先天性の病気の人など…

すべての人に共通していることが、
病気になりたくてなっているのではないこと。
怪我をしたくてしているわけじゃないこと。

病気や怪我は突然やってきて身体の自由を奪っていくこと。

そして…

健康の大切さは失ってからしかわからないこと。
みんなが「健康が1番大事」と言っています。

私は作業療法士になってよかったです。
4年間かけて人の身体や生活、様々な病気や治療法の勉強をし、
6年間かけて沢山の人の身体を治療し、生活を改善し、その中で人生をいうものを学びました。
このように普通ではできない経験をし、
普通では気付けない、人生で1番大事なものに気付けたからです。

そして、その健康を失わないために何が必要かも学ぶことが出来ました。

これからは医療という枠組みから1歩飛び出し、
「健康」の大切さを多くの人に伝え、少しでも多くの人に健康になって頂くために活動していきます。

第1歩としてまずは、身近な大切な人の健康的な身体作りからはじめます。

「大切な人…」それが「Specialperson」です。

Specialpersonでは、プライベートジムコースのパーソナルトレーナーとしてお客様の身体作りをサポートしていきます。

また、これまでの経験からその人の健康のために必要なものを判断する能力はには長けています。
無料相談にお越しの際には、お客様には何が必要か的確にアドバイスさせて頂きSpecialpersonで対応出来ることは精一杯サービスを提供させて頂きたいと思います。

澤山 勝也

澤山 勝也さんさん

Special person店長
専属パーソナルトレーナー

心臓リハビリテーション指導士
日本心臓リハビリテーション学会所属
日本肥満学会所属

情熱的な理学療法士
ダイエットプログラムを担当する。
​生活習慣病の予防にも力を入れている。

私は、高校時代に祖父が病気になったことをきっかけに理学療法士を志しました。

理学療法士の資格取得後は、内科・循環器科の病院で心疾患や生活習慣病(糖尿病・高血圧・脂質異常症・メタボリックシンドローム)で苦しむ方に運動療法や食事指導、生活習慣指導を行い、その回復のために6年間携わってきました。

病気は手術や薬物療法で改善できます。
しかし、その病気の原因は生活習慣にあります。
それを改善しなければ治っても再発してしまいます。
ほとんどの患者様がそれの繰り返しでとても苦しみ、過酷な生活を送っていました。

健康でいるためには、根本となる生活習慣を自分で改善することが必要です。
6年間かけて本当に大切なことが病気にならないようにすることだと気がつきました。そのために必要なことが「セルフメディケーション」(自分で自分を管理できるようになること)です。

最近、健康や予防の大切さに気づく人は増えてきていますが、生活習慣病やメタボリックシンドロームになる人は年々増加しています。

その原因として、
セルフメディケーションは難しい…
健康やダイエットに関する情報が多すぎて何が正しいのか判断が難しい…
自分には何が必要なのか選択することが出来い…運動?食事?

健康やダイエットのポイントは、「運動・栄養・自律神経」を自分に合った方法でコントロールすることです。

私は医療業界で培った6年間の経験から…
あなたに何が必要か選択してサービスを提供することが出来ます。

「健康に不安がある方」や「健康的にダイエットしたい」
そんな悩みを一緒に解決できればと思っています。

まずはご相談ください。
あなたに会えるのを楽しみにお待ちしています。

嶋村 生子

嶋村 生子さん

specialperson食事管理監修

管理栄養士
フードコーディネーター
食アスリートジュニアインストラクター

食と健康をモットーに東京で活躍する管理栄養士。
地元愛が強く、今後は熊本で活動する予定。

中学生の頃に母親を亡くし、家族や自分と関わる人達の健康を守りたいと思い、栄養士の道に進むことを決意。

大分県の別府大学卒業後、管理栄養士免許取得。

熊本の保健センターで臨時で栄養士を務め、満期終了。
このままではいけないと思い、自分を変えるために東京に上京し2年半飲食店のコンサルティング会社に務め退職。

朝早くから夜中まで働く生活スタイルに不満を感じ自分のやりたいことは何なのか見つめなおす。

食べることがやっぱり大好きなので、料理や食の大切さを改めて感じ人に伝える仕事がしたいと考えはじめ、2013年にフードコーディネーター認定書を取得する。

また、病気になってからの食事より健康な人への食に興味があり『食が人を変える』ことを実証するためにスポーツ栄養とはまた違う食アスリートの世界を学ぶ。

<現在の仕事>
・某大手社員食堂の管理栄養士
・給食雑誌の料理作成&撮影・コメンテーター
・不定期開催☆柴沼醤油の料理教室
・レシピ提供(柴沼醤油醸造)

<今後の活動目標>
・日本一体に優しいカフェの開業
・生活習慣予防のための料理教室主催
・ジュニアスポーツ選手の食事サポーター
・個別栄養相談・栄養指導
・雑誌・TV・本の出版

食べないダイエットはもう古いです!
楽しく食べて健康的な身体を一緒に作っていきましょう♪
今の食事に不安がある方、是非ご相談ください^^*♪