美容やダイエットの弱音

「痩せられない意志が弱い…。」みんなの弱音を集めました【乗りきるコツあり!】

「痩せられない意志が弱い」みんなの弱音を集めました

ダイエット中なのですが、食べ物が家にあると落ち着きません。 家にあると食べたくなってしまうので、普段からお菓子などは家におかず、食材もあまりため買いしない様にしています…。

ですが、いつも何も置かない、というのは不可能で、お土産にスイーツやお菓子を貰ったりするのですが、そうなると変な焦りを感じ一気に食べてしまいます。
親も、食べたいなら全部食べていいよ、と言います。

前は家にあると食べたくなってしまう、だったのに、今はお腹がいっぱいでも、特に食べたくなくても、ある事が落ちつかず無くさないと気が済まないんです。苦しくても詰め込んでしまいます。食べきった後は、すごく後悔するのに、どこかホッとします。

ダイエット中になるべく買いだめしない事はできますが、家に食べ物があると焦る、不安になる、落ち着かなくて結局食べてしまう。痩せられたとしても、これを直さないとだめだと思いました。

何をそんなに焦って不安になっているのかわかりません。今食べなきゃずっと食べられない訳じゃないのに。
今日も同じことをしてしまい、もうどうしたらいいのかわかりません。意志が弱いなりに、気を紛らわしたり、色々解決策を考えても、結局こうなります。

親は食べ物を残せるし、腹八分目でやめらるし、お腹がいっぱいだったら食べません。
それが普通ですよね。
私もそうしたいです。でもいつも不安な気持ちに負けてしまいます。

厳しい意見でもいいので、何かアドバイスをおねがいします。
同じ様な気持ちになった事がある方、今は克服された方いましたら、回答お願いします。

もうじき20歳になるのですが、今太っていて自分に自信がありません。このまま若い時を無駄にしたくないと思いダイエットを決意しました。ですが、私はとてもめんどくさがりで家から出るのすら億劫です。

そしてとても意志が弱いです。なのでここでどうすれば痩せるのか?を聞きたいと思います。だらけてため込んだ脂肪なので厳しいことをしないと痩せないのは分かるのですが・・・分かっていても出来ないんです。

まだ実家に住んでいて食事を作るのは大変なのでもし食事制限を徹底的にするのなら、マイクロダイエットなどの通販に頼ることになります。しかし、そういう厳しいダイエットをして痩せたらリバウンドするとも聞いています。

運動も2日しか続かなくて困っています。座っているだけでイライラするんです。

わたしは一生痩せられないのでしょうか。

毎日毎日ダイエットのことを考えている万年ダイエッターです。
糖質制限でパン、麺、米は一切食べていません。ジュースも飲みません。ですがたまに甘いものを食べてしまいます。

少しは減ってくれてもいいんじゃないかとは思うんですけど、全然減りません。そのストレスと生理が被りたまに過食してしまいます。(夕食だけ)

自分の意志が弱いのが悪いのですが、周りの人が私よりもゆるいダイエットで効果が出てるのをみると嫌になってしまいます、、、。助けてください。

「痩せられない意志が弱い」を乗りきるコツをご紹介します♪

痩せるぞ!と決心しても、つい食べ過ぎたり、運動をさぼったりしてしまい、意志が弱いから痩せられないんだ……と、自分を責めていませんか?

私もこれまでアドバイスを行ってきた女性の多くから、「痩せられない意志が弱い」という相談を受けてきました。

つい食べ過ぎてしまう自分を「やってしまった」と責めて、食事制限をしてストレスで食べてしまう・・・の悪循環になってしまう方が多いようです。

「つい食べ過ぎてしまうのですがどうしたらいいですか?」とお悩みの方に、「意志が弱いと思っている方」向けのダイエット方法についてご紹介していきたいと思います。

「意志が弱いのでダイエットを続けられない」悩みは多い

女性でも男性でも「ダイエットを始めよう!」といざ始めてみると、食事制限や運動がなかなか続かなくて、3日もすれば「きついからちょっとお休みしよう」とそのままやめてしまった、という方も多いと思います。

●食事制限をしてもつい食べ過ぎてしまう。

●運動を始めてもすぐにやめてしまう。

●決意しても数日でやめてしまう。

こういった経験をして「自分は意志が弱いから続けられないんだ」と悩んでいる方が多いことが分かりました。

しかし、ダイエットが続かないのは「意志が弱い」というより「ダイエットの続け方」が要因ということが多くの方の経験から分かってきました。

次の項目で、意志が弱いと思っている方向けにおすすめのダイエット習慣をご紹介していきたいと思います。

意志が弱い人におすすめのダイエット習慣

「何をやってもすぐにやめてしまう」「ダイエットが続かない、どうしたらいい?」と意志が弱いと悩んでいる方も、「続けやすい」ダイエット習慣をもつことで、無理なくダイエットを続けることができます。

続けやすいダイエット習慣には、こういったポイントがあります。

1.続けられる食事習慣を行う

2.続けられる運動習慣を持つ

3.適度に息抜きをする日を作る

それぞれについて詳しくご紹介していきたいと思います。

1.続けられる食事習慣を行う

ダイエットに食事制限は効果的であることはもちろんですが、初めからアスリートのような食事制限や、短期間で効果を出すような食事制限は挫折しやすい面があります。

例えば、毎日何時までに夕食を食べる、だと仕事や学校の都合や、家事、育児などの都合で日によって「何時までに」と決めた時間内に食事を取れないこともあります。

こういった方法ではなく、もっと「続けられる」食事習慣を持つことが大切です。

食事習慣の中で、ダイエットに失敗しがちな理由に、

●間食をしてしまう

●夕食が多い

ということが挙げられます。

それぞれの食事習慣について見ていきたいと思います。

・間食をしてしまう

つい、食事と食事の間に間食をしてしまうという方は、急に「今日から間食はなし!」と決めるのではなく、

・間食をする日を決める。

・間食の量を減らす。

・よく噛んで食べる。

・飲み物は甘いものを控える。

といったことから始めてみるといいでしょう。

毎日間食をするのが日課、という方は特に間食の量を減らす、よく噛んで食べるというのは続けやすいのでおすすめです。

よく噛んで食べられるものを選ぶというのもいいですね。

・夕食が多い

朝からお昼までは食事制限をしても、夕食ではどうしても多く食べてしまう、という方も多いようです。

夕食時は空腹も手伝ってつい多く食べてしまいがちですが、ダイエットではやはり「食べ過ぎ」には特に注意したいところです。

夕食時は、急に量を減らすよりも、

・よく噛んで時間をかけて食べる(20分以上)

・腹八分目にする。

・おかわりをしない。

・お茶碗、器を小さくする。

・野菜を多くする。

・食事の味付けを薄くする。

といったことから始めてみるといいでしょう。

食事のときは、「体に良さそうなもの」「カロリーが高いものを控える」といったダイエットを意識した食生活をすることが大切です。

2.続けられる運動習慣を持つ

ダイエットでは食事習慣の他にも「運動」が大切なので、運動を始める方も多いようですが、汗をたくさんかくような急にハードな運動を始めてもなかなか続かないですよね。

ここで「やっぱり続けられない」と自分は意志弱いのだと悩む方も多いようです。

運動では、こういった習慣を持つといいでしょう。

・少ない回数から運動を始める。
(スクワットを5回、ランニングを3分など)

・日常生活の中で運動を取り入れる。
(ながら運動)

聞いたことがある、やったことがある方も多いかもしれませんが、ダイエット本などにある「〇〇を5セット」といった回数ではなく、もっと少ない回数から始めてもOKということです。

腹筋、スクワット、ヨガ、ランニングを1回につき5回でも、20回でも、ダイエット本や情報どおりでなくてもまず続けてみることが大切です。

日常生活では階段を2段飛ばしで昇降する、つま先立ちで歩く、テレビを見ながらスクワット、など「ながら運動」を取り入れて続けてみるといいでしょう。

運動は「自分が続けられるものを続けられるペースで行うことが」がポイントです。

3.適度に息抜きをする日を作る

ご紹介したように食事習慣を変えたり、運動をすることも良いですが、ダイエットではやはり適度に「ストレス発散」をすることが大事です。

食事制限の後につい食べ過ぎてしまう、というのは欲求を抑えたことによるストレス発散の1つといえます。

食事制限だけだとストレスで食べ過ぎてしまうこともあるので、リバウンドの元になってしまうこともあるので、ストレスとうまく付き合っていくことも大切です。

・リフレッシュできる日を作って息抜きをする

・好きなものを食べる日を作ってストレス発散

こういったことを意識することで、ストレスをうまく発散しながら無理なくダイエットを進められるということなんですね。

例えば・・・

●週に2回、何曜日は好きなものを食べても良い。

●友達との食事や外食のときは好きなものを食べる。

●〇〇を達成したらご褒美に好きなものを食べる。

というように、続けれられそうなことから始めてみるといいでしょう。

痩せられないのは意志が弱いせいではない

続けやすい食事習慣、運動習慣、息抜きでストレス発散が大事ということをご紹介してきましたが、痩せられないのは「意志が弱いせいではない」ということなんですね。

痩せられないのは「意志が弱いせい」ではなく、「習慣化できないダイエットをしている」からなんです。

先ほどご紹介したように、ストレスが原因になっていることもあるので、食べることを我慢したり、自分を責めたり後悔するのは良くありません。

我慢しすぎるとストレスになり、かえって食べ過ぎてしまう原因になるので、「食べ過ぎちゃったな」というときは、次の日に目を向けてみるといいでしょう。

食べ過ぎたなーというときは、

・「次の日は朝ご飯を少なめにしてみよう」

・「昼食は野菜中心にしてみよう」

というように、次の日の朝ご飯や昼食で調整するといいですね。

続けやすいダイエット習慣のコツは、即効性を期待しない、無理なダイエットはしない、ということです。

急な食事制限や運動による無理なダイエットは、挫折しやすくリバウンドの原因になるので「続けられること」「習慣にできるもの」が大切です。

ダイエットには食事制限と筋トレ、有酸素運動が効果的

ダイエットは続けられる習慣が大事ですが、もう1つ知っておきたいのは「食事制限」「運動」の組み合わせが大事ということです。

どちらか1つに偏ったダイエットだと効果を感じにくく、特に食事制限のみのダイエットはリバウンドの元になりやすいので避けたほうがいいでしょう。

筋トレと有酸素運動

運動には「有酸素運動が効果的」とよく言われますが、有酸素運動が効果的なのは「脂肪を消費するだけの筋力が鍛えられたとき」なんです。

筋トレで筋肉をしっかり鍛えた後に有酸素運動を行うことで、脂肪を燃焼しやすい状態で運動ができるということなんですね。

筋トレと有酸素運動の両方を初めから続けるのは難しいので、初めはスクワットのような筋肉を鍛えやすい運動から始めてみるといいでしょう。

他にも、100円ショップでダンベルやエクササイズ用品を購入できるので、ダンベルや筋トレグッズを使ってみるのもおすすめです。

自分に合ったダイエットを長期戦でやってみる

続けやすい食事習慣、運動習慣、息抜きをしてストレス発散で無理なくダイエットを続けるということをご紹介してきました。

続けやすいダイエットの大切なポイントは「自分に合った方法で」「習慣化できる」「続けやすいダイエット」ということなんですね。

自分に合ったダイエット方法というのは人それぞれなので、同じことをしても自分に効果がない、ということはよくあることなんです。

ご紹介した方法以外にも、長く続けられる自分に合った方法があれば続けていくことで効果を感じやすくなります。

短期間で15キロ痩せるのではなく長期戦でみる

ダイエットしたい、痩せたいという方の中には「3ヶ月で15キロ痩せたい」「短期間で効果を出したい」という方も多いようですが、食事制限だけで短期間でダイエットをするのは避けたほうがいいでしょう。

短期間で結果を出している方も中にはいますが、それはきちんとトレーナーがついて、食事制限もきちんと管理され、運動方法もそれなりに運動量の多いトレーニングをしています。

「痩せたいけど意志が弱い」と悩んでいる方がダイエットを始めるなら、まず「続けられるペースで」「半年~1年くらいの長期戦で」みてダイエットを進めていくことが大切です。

トレーニングジムに行くのも一つの方法

自力で短期間のトレーニングでダイエットをするのは難しいですが、痩せたいけど意志が弱い、どうしても結果を出したい!という方は、思い切ってジムに通ってみるのもいいですね。

できればトレーナーが付いて、食事や運動方法についてもアドバイスをもらえる方が効果を感じやすいのでおすすめです。

トレーニングジムに通う方法のデメリット面としては、費用がかかることですが、一人で進めるよりプロのアドバイスを聞けるので、短期間でしっかり結果を出したい方にはいいですね。

状況に合わせて適度な息抜きを

「適度な息抜きをする」の項目で、「友達との食事や外食のときは好きなものを食べる」という方法をご紹介しましたが、ダイエットは続けられるものを、という一方で、周りに気を遣わせないことも大切です。

みんなで食事をするときに、自分だけサラダだけ、飲み物だけ、という状況になると、周りが気を使ってしまうこともあります。

楽しく過ごせる場所では、好きなものを楽しく食べる、そして次の日の朝ごはんで調整する、といった方法を取るといいでしょう。

自分に合ったダイエットを続けて、長期戦で続けていくと習慣化されていくので、リバウンドしにくいダイエットを続けることができます。

意志が弱くて続かない、という方はぜひ、習慣化できるダイエットから始めてみてくださいね。