食事の失敗

「痩せたいのに食べちゃう…。」みんなの弱音を集めました【乗りきるコツあり!】

「痩せたいのに食べちゃう」みんなの弱音を集めました

ダイエットが成功した人に質問です。

私は、今155センチで59キロです。高校生女子です。どうしても60キロになりたくないです。
だから、ダイエットして痩せたいのですが、どうしても、食べちゃうんです。
スナック菓子などは家に買い置きしていないのであまり食べないのですが、ふだんの食事で、ご飯食べた後に、柿ピーを2袋食べたり、とにかく、食事の量が多いんです。とくに夕飯が。
いつも、朝は、食パン1枚+牛乳 お昼は、手作りのお弁当(そこまで量は多くありません、というか、普通です)
でも、学校から帰ってきてから、ご飯食べたあとにどうしても柿ピーを食べちゃうんです・・・。食べちゃいけないって思えば思うほど食べたくなります。
ちなみに、運動してないです。ブラスバンド部なので。
運動しようと思ってなわとびをやったこともありましたが、3日坊主でした・・・。
運動も長続きしないし、痩せたいのに食べちゃうし、一体どうすればいいですか?

どうしたらいいでしょう?

私は高2の女子です
最近暴食してしまいます
もう背は伸びないので横に成長していってしまいます
痩せたいけど食べちゃう
食べてから後悔する
いつものパターンです
どうしたら止められますか?
食べても食べてもお腹が空くんです
どうしたらいいでしょう?

質問があります。

私は今身長158cmで体重52キロです。
雑誌に載ってるゆうみんとゆうモデルさんは
身長同じで体重が30だいと聞いたことがあります。
脚とかも細くて可愛いなぁと思います☆
私もそんぐらいになりたいんですが無理でしょうか?
あと、痩せたい!と思いながら食べちゃうんですけど
どうすればいいでしょうか・・・
これは自分で考えることなんですけど教えてほしいです!

痩せたいのに食べちゃう

すごく痩せたいのに食欲がおさまりません。
これは過食でしょうか…どうしたらいいのかわかりません。このままだと、体に害が出て健康も崩しそうです。

163センチ59キロ
なんとか50キロまでしたいと思っております…

 

「痩せたいのに食べちゃう」を乗りきるコツをご紹介します♪

痩せたいのに食べちゃう……。この悩みは、ダイエットをしているほとんどの人に共通するものです。

痩せたいのに食べちゃうのは、意志が弱いからではありません。なぜなら、食事は人が生きていく上で欠かせない、重要なものだからです。

とはいえ無制限に食べていたのでは、いつまでたってもダイエットを成功させることはできませんね。そこで大切なのが、食欲が起こる仕組みを理解しておくことです。なぜダイエット中にものが食べたくなるのかを知っていれば、その対処法も自ずとわかります。

食欲には感覚的なものと、生理的な欲求によるものの2つの種類があります。

感覚的な食欲とは実際にお腹が空いているわけではないのに、料理の写真やグルメ番組などおいしそうな料理の情報に接することで、それを食べたくなる欲求のことをいいます。インターネットでも飯テロなどと称して、Instagramなどでおいしそうな料理の写真を公開している人は多いですね。このような写真やグルメ情報を見ていると、真夜中なのについ何か食べたくなることがありませんか。

感覚的な食欲をコントロールするためには、なるべくこれらの情報をシャットアウトすることです。テレビのグルメ番組や、インターネットのグルメ情報、料理の写真などから遠ざかるようにしましょう。

一方、生理的な欲求による食欲は、実際に体が食事を欲して起こります。

生理的な空腹感/満腹感は、脳の視床下部という部分で感じています。この部分に空腹を感じる食欲中枢と、満腹を感じる満腹中枢があり、食欲中枢が刺激されると空腹を感じるのです。

食欲中枢への刺激は、次のような場合に起こります。

まず血糖値が低下すると、食欲中枢が刺激されます。血糖値を安定させるためには、規則正しい生活を送るのが一番効果的です。朝食を抜くなど、不規則な食生活は血糖値が低下しやすいので注意しましょう。

また、血液中のグレリンが増加し、レプチンが減少した場合も食欲中枢が刺激されます。グレリンの増加を抑え、レプチンを増やすためには、よく睡眠をとってしっかりと休養することが大切です。

さらに、視床下部のヒスタミンの量が少なくなった場合も、食欲中枢が刺激されるのです。ヒスタミンを増やすためには、よく噛んで食事をすることです。

このほか、脳内のセロトニンが少なくなった場合も、食欲中枢が刺激されます。セロトニンは精神の安定をつかさどるホルモンで、幸せ物質とも呼ばれています。このセロトニンが不足するとうつ状態になりやすいので、脳がそれを補うために気持ちよいことを欲します。その結果、食欲を満たすことで快感を得ようとするのです。

セロトニンを増やすためには、朝の光を浴びること、定期的な運動をすることです。朝起きてウォーキングをすると、朝日を浴びることと運動の両方ができるのでおすすめです。ウォーキングによるダイエット効果も期待できます。

このように生理的な食欲を抑えるためには、3食きちんと食事をとり、ぐっすりと眠り、朝日を浴びるといった規則正しい生活が一番効果的です。

食欲と闘うのではなく、生活習慣を見直すことで、挫折することなくダイエットを続けることができるはずです。